よくあるお祝いのシーン

no.1

誕生日プレゼント

年齢に関わらず大切な人が生まれた日は特別な思い入れがあります。それをパーティーのようにして盛大に祝う方もいれば、プレゼントを渡してお祝いするという人もいます。

no.2

母の日

自分を産んで育ててくれた母親には、普段照れくさくてなかなか感謝の言葉を伝えることができないという方もいます。そういった場合は、母の日にカーネーションとメッセージカードを添えて渡す人が増えています。

no.3

オープン祝い

念願のお店をオープンさせた友人がいるのであれば、開店祝いをプレゼントすると良いでしょう。昔は花を贈るのが一般的となっていましたが、最近ではお手頃なものを選ぶ人も増えて来ているのです。

[PR]母の日にピッタリなプレゼントを探そう
多種多様なギフトを販売中

[PR]お祝いにピッタリなギフトを販売中
彩り華やかなので人気急上昇中☆

[PR]文具専門の通販サイトを紹介
仕事が楽しくなるアイテムを買おう

[PR]知育おもちゃを取り扱い中
販売価格が良心的☆

[PR]開店祝いには花を贈ろう
人気アイテムを大公開♪

初めてお祝いの品を贈るなら~適したものを選ぼう~

文房具

プレゼントの選び方

一口にプレゼントと言ってもいろいろなものががあります。例えば、自分の子供や親せき、友人の子供がバースデーを迎えたなら、おもちゃをあげると喜ばれるでしょう。また、小学生になったり、塾に通っているような子の場合は、文具をあげることによって勉強をする際に使うことが可能です。お祝いをするならターゲットを絞ることによって、貰っても困ることがないので、相手のことを考えてから渡すようにすると良いでしょう。

買う方法

従来では、雑貨屋さんやおもちゃ屋さんなどに行かなければお祝い用のアイテムを購入することができませんでしたが、最近では通販で買うことが可能となっています。ですので、仕事や育児などをしていて時間がないというのであれば、通販サイトを活用すると良いでしょう。

サービス

通販でお祝いの商品を購入すると高いイメージがありますが、実際にはデパートと同じくらいかキャンペーンを実施していれば安くなっています。また、送料無料なところもあるので、調べてみると良いでしょう。

支払い方法

支払い方法はだいたい3つあり、代金引き換えやクレジットカード払い、銀行振り込みなどがあるので、自分の使いやすいものを利用すると良いでしょう。お祝いの品はそれほど高くないものが多いので、クレジットカードを持っていなければ現金でも決算できます。

高過ぎてもダメ?

せっかく祝うのであればゴージャスにしたいと思う方もいることでしょう。しかし、予算が3000円を上回るようなものは返って相手に気を使わせてしまうので、この金額を超えないような商品を選ぶのが無難です。

広告募集中